さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市手稲区

ログインヘルプ


インフォメーション


プロフィール
ひーら
ひーら
ぐーたら父親。
老野球選手。
草SAX奏者見習い。
将棋鑑賞三段自称。
ときどきコンサルタント。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2015年09月16日

心をつなぐ左翼の言葉

最近の読書で面白かった本です。ブックオフで入手しました。
セゾングループ代表 堤清二として活躍された詩人・作家 辻井喬へのインタビューです。

「しっかりさせなければならないのは、日本はアメリカに対してどのような態度をとるのかという問題なんです。」
「最近気になっているのは、NHKに対する自民党の政治的な圧力ですね。」

2009年に出版された本ですが、今もね・・・

辻井さん、穏やかに、しかしはっきりと語ります。
「理論的には正しくても、相手の心に響かないというのでは意味がないんだ」と。

「反対!反対!」と言って自己満足している共産党の人たちや、口汚くヤジを飛ばし、民主党を揶揄・非難することに熱心な自民党の人たちに、果たして届く言葉があるのだろうかとの思いも消えませんが、それでも、共産党にも自民党にもしっかりとした人がたくさんいるはずなので、自分と考えの違う人を排斥する言葉を強く発する人に同調することなく、一緒に考え、話し合うことのできる仲間を増やして行きたいものです。



あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(読んだ本のこととか)の記事
 「小倉昌男 祈りと経営」を読んだ (2016-04-25 17:45)
 2015年の読書記録 (2015-12-30 19:14)
 「職業としての小説家(村上春樹)」を読んだ (2015-09-23 17:10)
 とっておきの空と海 (2014-06-22 00:50)
 2014/1〜5の読書記録 (2014-05-04 23:25)
 梅田〜吉井〜加藤〜村上〜中谷 (2013-05-07 00:37)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
心をつなぐ左翼の言葉
    コメント(0)