さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市手稲区

ログインヘルプ


インフォメーション


プロフィール
ひーら
ひーら
ぐーたら父親。
老野球選手。
草SAX奏者見習い。
将棋鑑賞三段自称。
ときどきコンサルタント。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2016年04月25日

「小倉昌男 祈りと経営」を読んだ



小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの

宅急便の父、小倉昌男の評伝。よくある、ビジネス上のサクセスストーリーを賛美するだけのヨイショ本や、周りの人たちとの関係を驚異本位に描いた暴露本ではなかった。

省庁の無茶な規制と闘う闘士、引退後のスワンベーカリーでの社会貢献など、名経営者として理想的な姿と思っていたが、大変な悩みの中で暮らしていたとは。

この本に書かれたことが取材であぶり出されてきたこと、そして出版できたことが奇跡のよう。


  
Posted by ひーら at 17:45Comments(0)読んだ本のこととか