さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市手稲区

ログインヘルプ


インフォメーション


プロフィール
ひーら
ひーら
ぐーたら父親。
老野球選手。
草SAX奏者見習い。
将棋鑑賞三段自称。
ときどきコンサルタント。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2012年04月27日

今日の優先搭乗


飛行機内の通路は狭いので、上の棚に荷物を上げようとする人がいると(多くの人は荷物を上げる)、それが終わるまで通路で待つことになる。並ぶ人はいらいらするし、自分が邪魔になっていることに気づいて慌てて荷物を上げようとする人は、焦って荷物をうまく上げられないし、効率よく搭乗させられず出発時刻が遅れてしまう航空会社は困るし、それらを全て解決することのできる優先搭乗の方法(子ども連れで搭乗に時間が掛かりそうな客を先に乗せ、次に、後方の座席の客、それから前の方の客と、時間差で搭乗させる方式)って、なんて素晴らしいんだろうか。

と、そんなに感心することもないのだけれど。
(記憶違いかもしれないけれど、そんな小賢しい工夫をせず、自由に搭乗させた方が全体として時間が掛からないという報告も、何かで読んだことがある)

まあ、結局、どうでもいいようなことではあるのだけれど、今日、成田→千歳の便で体験した「優先搭乗システム」は、初めての体験だった。

いつものように、アナウンス。
「まず始めに、小さな子ども連れのお客様・・・」
次に、
「後方座席のお客様・・・」
最後に、
「全てのお客様・・・」
と、案内があったのは、いつもと同じ。

違ったのは、案内された先。

ボーディングブリッジから直接、機内に案内されるのではなく、沖止めの飛行機までの連絡バスへ!

もちろん、バスへの乗車はスムーズ。さすがの優先搭乗システム効果!
スムーズに、乗客を全員乗せ、バス出発!
さあ、これから飛行機に乗るぞー!

そして、バスを降りるときは、後からバスに乗った客が降りやすい訳で、概ね、

1.前方の座席の客
2.後方の座席の客
3.子ども連れの客

の順に飛行機に乗るような状態になったのだけれど、これ、狙っていたことと違うと思うのだけれど・・・

今日の優先搭乗






























あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(出張先でのあれこれ)の記事画像
篠田桃紅の美術館への行き方
はなだこ
ダルビッシュのメジャーデビューは出張先で
安ホテル?
新手一生
予定外の夜行列車の旅
同じカテゴリー(出張先でのあれこれ)の記事
 篠田桃紅の美術館への行き方 (2016-02-06 23:11)
 はなだこ (2012-03-09 00:21)
 ダルビッシュのメジャーデビューは出張先で (2012-03-07 23:40)
 安ホテル? (2012-01-14 00:55)
 新手一生 (2011-12-13 20:54)
 予定外の夜行列車の旅 (2011-12-03 22:46)
この記事へのコメント
私の場合、「千歳空港へご出発の○○○○様、お急ぎ搭乗口へお越し下さい。」と言われないようにするのが精一杯です。(^^)ゞ。
Posted by クローダ at 2012年04月28日 02:13
>クローダさん

私も、呼ばれたことがあります(^^;
「お客様、走って下さい!!」って言われました。
Posted by ひーら at 2012年04月29日 10:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
今日の優先搭乗
    コメント(2)