さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市手稲区

ログインヘルプ


インフォメーション


プロフィール
ひーら
ひーら
ぐーたら父親。
老野球選手。
草SAX奏者見習い。
将棋鑑賞三段自称。
ときどきコンサルタント。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2013年03月16日

植松電機でのコズミックカレッジ

ペーパークラフトロケット
 今日も、赤平の植松電機さんで開催されているコズミック・カレッジに参加しています。JAXAの事業の一環のようですが、民間企業が主体となって定期的に行っているのは、ここ一カ所だとか。毎回のことですが、準備していただく社員の皆さんには頭が下がります。

 月に1回くらいのペースで、ハンダを使った電子工作、エアブラシで太陽系惑星の彩色など、いろいろ工作するのですが、今日は、ロケット製作。今年の夏に打ち上げが予定されているという国産のイプシロンロケットをペーパークラフトで作ろうと、たくさんの子ども達が集まりました。中には、京都から一人で来たという中学生もいるくらいで、子ども達が楽しみにしていることは間違いないのですが、中には、親の方が楽しみにしているんじゃないかという人も(自分もその一人です)

 製作実習の前には、毎回、植松専務の講話があります。今日も、自信があるってどういうことだろうか。失敗しないことじゃないよね。失敗しても、じゃあどうしたらよいかを考えられることだとか、今日のロケットに絡めて、日本が戦争で負け、飛行機を作るのを禁止されてしまったのに、ロケットならいいだろうという屁理屈で、諦めずに開発を続ける人がいたから技術が続いていると諦めないでやることが大切だということ。親にとって耳の痛い話もあります。
女の子がお母さんの料理を手伝っているときに、ふと生じた疑問「なすには下手があるのに、どうしてキュウリにはないの?」
お母さん「そんなくだらないこと考えてないで、宿題やりなさい!」
それはダメ。「不思議だね。よいところに気がついたね!後で、いっしょに考えようか」と言ってあげてくださいと。
そう、わかってはいても、ついつい、同じようなことやってしまうんですよね。
さてさて、次々と、ロケットが出来上がりつつあります。1mほどの大きなもので、できあがってみるとけっこう迫力があります。
さあ、これから打ち上げです!飛ぶかな〜





あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(日々のあれこれ)の記事画像
「北海道の楽しい100人」に行ってみた
初めての北大博物館
4月のライブ
黄身が白い卵
無人駅で携帯電話を見せて降りる
ポロクルを返すとき
同じカテゴリー(日々のあれこれ)の記事
 「北海道の楽しい100人」に行ってみた (2013-04-16 03:22)
 手稲駅に学べ、JR北海道 (2013-03-26 01:32)
 初めての北大博物館 (2013-03-18 00:25)
 ビスケットで花火を作った (2012-07-22 21:46)
 4月のライブ (2012-04-18 22:29)
 黄身が白い卵 (2012-02-29 23:40)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
植松電機でのコズミックカレッジ
    コメント(0)